うちのストーカーくん

うちの旦那は、出会ったその日に告白してきて、最初はお断りしてたけど「〇〇ちゃんが(私)付き合ってくれるまで諦めない!」と旦那の自宅から私の家まで車で片道1時間半の距離を通い続け、雨や雪の日は必ず送迎をしてくれて、付き合って三日目でプロポーズ!1週間後にはうちの両親と職場にまで来て(勝手に(´×ω×`))挨拶!4ヶ月後には同棲し、半年後に入籍!
なんせしつこく執着してくる旦那ちゃん!

高校生の頃から夢だった飛行機の整備士になり、CAにもモテてて歴代彼女はほぼCAで、心配性だった私の為に畑違いの仕事に転職してくれました!
旦那ちゃんの夢だから諦めないでほしいと説得するも、「〇〇ちゃんに心配させるくらいなら、辞めれるのも本望!〇〇ちゃんを幸せにするのが俺の幸せだよ。」と言ってくれました。

結婚して今年で5年!
なかなか子供ができず悩んでいました。
ですが五月に妊娠三ヶ月だった事がわかり、旦那もとても喜んでくれていましたが、翌月六月に心臓が動いてないことがわかり、天国に行ってしまいました。
やっとできた子供の顔を見ることもできずお別れをしてしまう事にショックと悲しみでいっぱいになってしまい、1週間寝込んでしまい、泣き続けました。
旦那も毎日泣いて私も泣いて暮らしていました。

元々体が弱い私は、次の妊娠は体がもたないかもと医者に言われています。
私は今32歳なのですが旦那はまだ28歳。
イケメン、高身長、高収入、優しくて面白い旦那さん。まだまだ若い奥さんをもらって、子供を産んでもらい、幸せな家庭を築くチャンスはたくさんあります。
それで先日も離婚を提案したのですが、そこで初めて旦那さんにぶたれました。
「俺は〇〇ちゃんを幸せにするのが幸せなんだよ!〇〇ちゃんがいればそれでいい!子供は残念だったけど、俺がずっと支えるしまだチャンスはあるかもしれない!それまでにもっと元気になろう?俺がいるから!大丈夫だから!」と泣いて説得してくれました。
年下の旦那さん。虫が大嫌いで、怖がりで寂しがり屋で、おドジでトイレもお風呂も絶対付いてきて、仕事以外は絶対どこにも一緒に付いてきて頼りないところもあるけど、この人を選んで良かったなって、最近また実感しました。

関連記事