優しい目尻のしわ

目が合うといつも優しい表情をしている。横顔もとてもすてき。運転してくれているとき、私は助手席から、目尻のしわをいつも観察している。人柄が表れている。優しい目尻のしわ。私が、「○◯ってなんやっけ?」と聞くと、いつも詳しく知っている。何でそんなに何でも知っているんだろう!尊敬しています。私が病気で苦しかったとき、すぐに家まで来てくれて、いっぱい励ましてくれた。仕事が忙しくて、しんどそうだったのに。私はいつも、好きだって気持ちを君に伝えたい。それを理解してくれて、恥ずかしいのを我慢して「大好き」と返してくれる。私のポリシーに付き合ってくれてありがとう。君のことを全部自慢し尽くしたい。そしたら、自慢本をシリーズで何冊も出すことになりそう!君との全部の思い出が、私には誇らしいし大切です。君がいなくなったらどうしようって、時々とっても悲しくなるから、今生きている君の姿を少しでも多く見ていたい。君には感謝してもしたりない。私が死なずに今も生きているのは、君のおかげです。本当にいつもありがとうね。未熟者だけど、これからもよろしくお願いします。

関連記事