とっても大切な人

彼と出会うまで人間関係では心に一線を引いていた軽いコミュ障で拗らせ人間な私。独身ってなんて楽なんだろう、男なんて要らない信用出来ない、一生独りで生きていくと思っていた。
家族の知り合いの紹介で彼と出会って付き合ってみて、如何に自分の世界が価値観が狭かったのか思い知らされた。
彼はいつも優しくて、具合が悪ければ自分の事よりも心配してくれて、私の我儘や毒舌を笑顔と冗談で返してきて、大して可愛くない容姿の私に可愛いと言ってくれて、付き合っていた自分に自信が無い時は「自信を持って、えりかは俺の自慢の彼女だよ」と励ましてくれた。
照れ臭いけど、今の幸せな私が存在するのは旦那のお陰だよ本当にありがとう。
こんな私を愛してくれて、結婚してくれて、新しい命を授けてくれてありがとう。
これからも変わらない態度な私かもだけど、誰よりも感謝してるし、旦那大好きです。
あーもぅ、照れ臭い!
けど、やっぱ大好きだよ!

関連記事