俺に頼ってよ

体調不良でやむ無く退職して、
次の仕事が決まるまで旦那の扶養にはいることになった。

申し訳なく思って泣いてしまった私を抱きしめながら、

「ふふ、ようやく扶養に入る気になったか!これで俺のものやな♪」

と、なぜか得意気に笑う旦那が愛しすぎる。

関連記事