彼の予感

彼が私と初めて出会った高校生のとき。

『この子とは一生ものの付き合いになるな』
って思ってくれたらしい。

それが友達なのか、ただの後輩なのか、
はたまた家族なのかは分からなかったみたいだけれど。

わたしは彼に片想い状態で、
何がなんでも彼と肩を並べたくて、
とにかく必死だった。

『あわよくば彼女になって、あわよくば奥さんになりたいって思ってたの』
って言ったら、彼に笑われた。

『諦めずによかったね、今は俺の大切な奥さんだよ』って。

あなたがいてくれるから
わたしは幸せです

関連記事