生きてていいと思えた

突然何の前触れもなく、自己免疫疾患で、毎日熱を出しまともに歩けないようになってしまった私。入退院を繰り返し、3才になったばかりの長女は実家に預けっぱなし、2年生の長男の習い事も休ませるしかない状況に。普段は仕事が忙しく朝早く帰宅が遅い主人が、長男の全ての世話をしてくれているだけでなく、私が普段しているはずの食事や洗濯、掃除を引き受けてくれています。熱があるときは自分で立ち上がることも出来ないし、お風呂も一人で入れない私。何とも情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。でも、それを文句も言わず『ええよ、仕方ないねんから』と全てやってくれる主人。私は重いでしょうに。自分だって、疲れてるでしょうに。本当にごめんなさい、ありがとうございます。貴方がいてくれて、貴方の奥さんになれて、本当に幸せです。治ったら、ちゃんと朝も起きますから。ご飯も、お義母さんが上手だからって諦めてないで頑張りますから。本当に、ありがとう。

関連記事


↓出会いにまつわる想い出の惚気けを募集!↓