言葉の選び方

独り暮らし歴の長い夫はどの家事も私より完璧にこなせる。
私は実家暮らしが長く、どれを取っても夫にかなわない。
家事における不満はあったと思うのだけど、夫はそれを全然口にしなかった。
そんなある日洗濯物を干していると夫が「こないだテレビでやってたんだけど、タオルをね、こうやって干すと、乾いたらふわふわになるんだって!」と声をかけてきた。
そうなんだ!!と感心して、そのあとはその通りに干すようになった。
でもよく考えたら、夫はそんなこと最初から知ってただろうし、私に教える為に言葉を選んで「テレビでみたんだけど」と言ったんだと今になって解った。
こうして、あーしてと相手に言うのは簡単だけど、自分に自信がない私は言われたら更に自信をなくしたろうし、何より自分で納得して行動したほうがストレスがない。

夫といてストレスがないのってこういう気遣いの賜物なんだろうな。

関連記事