このサイトは「旦那や彼氏」の自慢をして、
惚気を投稿するサイトです。
是非みなさんの惚気を聞かせてください。

幸せ過ぎてごめんなさい

一目見た時に、あっ…好きかもって感じた。 話してみたらすごくいい声で、話し方も優しくてこの人のこと好きだな…って思った。 初めてデートに誘われて舞い上がって、迎えにきてくれた時の服も 身長がすらっとしてカッコ良すぎた。惚れた。 告白されて日は 嬉しすぎて眠れなかった。 共通の趣味のお酒で、いっぱい二人で飲みに行き一緒にいる時間が楽し過ぎて大好きになった。 プロポーズされて、感動。私は世界一幸せだと思った。 結婚式を挙げて、幸せの絶頂はまさしく今だなって思った。 同じ名字になって、大好きな旦那との赤ちゃんが産まれて、 あ〜〜〜〜幸せ!!!女に生まれてよかった!!!幸せ超絶頂 日々更新中〜〜!!!

自慢の天使

旦那ではなく彼氏ですが。 年上なのにとっても可愛くて 頼り甲斐のある自慢の人。 仕事の疲れを溜め込んで夜中に八つ当たりしてしまったときもそのあともたっぷり優しくしてくれて天使かと思いました。 私にはもったいないくらいステキな人です。 大好きだよ。

ご機嫌とり

旦那が構ってくれないのでいじけていたら 、それを察して、昨日は買い物に連れてってくれたし、ちょっと遠くのジェラート屋さんにも連れてってくれたぞー!いじけてごめんね。だいすき。

結婚を親族や親に反対されていました

理由は家柄とか育った環境が違うとか…、彼という人格や人柄をまるで無視した事での反対でした。 旦那は認めてもらえるまで、何度も家に通い、父親に頭を下げてくれました。 旦那は何も悪くないのに、私以外の女性とだったなら、こんなに不愉快な気分を彼に味合わせる事もなかったんじゃないか…と何度も悩みました。 今、結婚できてとても幸せです。 私が笑顔でいることが彼にとって一番の幸せだと毎日言われます照 父親も今ではすっかり旦那をべた褒めしてます笑

とにかくちょうどいい

たまにイラッとして、かと思えばきゅんとさせてくる緩急が持ち味なのかなとしみじみ。何より顔が好みだし声が好みだし性格だって好みだからつまるところちょうど良いのだ。

ないしょのはなし

色んな話を全部…じゃないんだろうけど、 ちょっと聞いたのです。 でももうKには聞かないのです。 大好きでいてくれてるのは知ってるから それで十分なんだよ だからずーっと内緒にしとくね 聞いちゃだめだよ?内緒なんだからね? ぜーったい言わないよ? ずーっと好きでいてくれてるから 私も頑張れるのです。 ありがとうね

たぬちゃん

9つ年上の旦那様。結婚して2年。 こんなに雑で結婚記念日も忘れる私なのに全然怒らずそばにいてくれる人。 ツンデレで分かりにくい時もあるけど、本当はすんごい優しい。 先日夜行高速バスに乗った時。 私「もし事故にあったら怖いよね」 夫「同じこと考えてた!もし事故にあったらどうやって君を守ろうかなって!!」 ええ涙。そんなそんな、、、 たぬきみたいなぽんぽこぽっちゃりしてる人だから、お腹の脂肪で包み込んで衝撃なくす!と言われたのには笑えたけど。 ありがとう。本当に自分のことより私のこと考えてくれてて、、、 いつも可愛くないこと言っちゃうけど、本当は大好きだよ。

裏切られても、信じてよかったと思える日が来るのを待ってる。

もうすぐ付き合って5年、結婚して1年半。 秋にはこどもも産まれます。 出会った当時、あたしは21歳、あなたは18歳でしたね。 若さ、勢い、押しの強さ、と色んなものに根負けして交際がはじまって。 あっという間に、あなたが家に転がり込んできて。 あっという間に、生活に溶け込んできたよね。 当時はわがままで、寂しがりやで構ってちゃんなあなたに合わせるの、結構大変だったのよ(笑)(笑) まあ、あたしもその年齢の時はそんなもんだったかもしれないし、あなたも仕事を持ち、社会に対して責任を負う時が来たら、いつか分かってくれるだろうと何も言わなかったけどもね。 浮気紛いな事、ずっと繰り返してたのも知ってたよ。

いつだって

会える回数が以前よりも少なくなっちゃって、連絡は毎日とっているが早く会いたいなって思いが日に日に強くなっていく。 そんな私を彼はいつも見抜いている。私が寂しいっていうと知ってるっていう。こんな余裕な彼に、寂しいって思ってるのは自分だけ?って思うときもあるけれど、会える日がきてだらだらと過ごすときとか彼は甘えたさんになる。 そして、寂しかった?って聞くと寂しかったって。 自分だけ…じゃなくて、彼は隠すのが上手なだけだった。 なんか悔しいから今度は私が寂しいと言わせる! でもやっぱり余裕な彼もかっこよくて好き。 そして、2人っきりになるお甘えたさんな彼はすごくかわいい。キリッとした彼が

旦那になる前に

うちの旦那、じゃあない、彼氏の話をしようじゃないか。ああ、まあ旦那でもいいか。近しいもんだったしね。 そりゃもう、とびきりに可愛くてかっこいいんだよ。口が裂けても言えないけどね、デートの時にしてくるネイルもピアスも、あたしを大事にしてくれていたであろう言葉も、学校にこっそりしてくるマスカラも、全部あの子に似合ってて、全部が愛おしくて堪らなかったさ。え、もちろん造りは男だけどね?女のあたしが嫉妬するくらい美しかったよ。あたしはこんな人くらいしか、もうぴったりの人はいないって思ってた。でも、いつの間にかどっかに行っちまった。どこ行っちまったんだろねえ。ヘマしてなきゃ、それでいいけどね。